都市伝説を英語で語るためのボキャブラリー:FOAF(friend of a friend)

FOAFなる言葉があるそうです。

立派な社会学の用語。Friend of a friend。「友達の友達」。

「友達の友達の友達・・・と辿っていくことでどれだけの人数にたどり着けるか」という話と、

「出どころのアヤしい話につく、枕ことば」としての意味とがあって、

ここで大事なのは、後者のほうの意味。

日本の怖い話でもおきまりの、「これは私の友達の友達に起こった話なのだけど」とか、「これは友達のバイトの先輩のいとこに起こった話なのだけど」とかの、あれ、ですね。

これのいくつかのパターンを英語で覚えておけば、英語で怖い話をするチャンスが訪れた時、少なくとも出だしで詰まることは、ないはず!

以下に、英語の実例をいくつか、載せておきます。このまま覚えておくのもよし、英文メールやSNSで使いたい場合は、このままコピーで使ってもらって構いません。

This story happened to a friend of a friend of mine.

This was a true story that happened to a younger brother of one of my friends.

「怪談師」の皆様の心意気に共感した話

「海外の人たちに向けて、日本の怖い話を英語でうまく語れる人になりたい!」

という想いを胸に、日々、精進を続けている私。そんな私を勇気づけてくれる本がありました。

稲川淳二さんや山口敏太郎さんが企画している、関西テレビの「怪談グランプリ」。

その2017年度版の、序文が、とても共感できる内容なのです!

引用すると、以下の通り。

怪談には人の死を悲しみ、死者の無念を供養する役割がある。そして怪談を聞く者は人間の命の尊厳を知り、自らが生きていることに感謝するようになる。つまり、怪談を語ること、怪談を聞くことは命の大切さに気づかせてくれるのだ。怪談は素晴らしいものなのだ。

まったく、私も賛同できる考え方です!

さらに、山口敏太郎さんは、「怪談師」なる造語を作って、日本の伝統的な「怖い話を語るエンターテイメント」の文化を再興しようとしているという心意気に触れて、こう書いています。

そもそも『怪談師』という言葉さえも、筆者が某電子書籍の会社と電子怪談本を配信したときに作った造語であった。その後、明治期に実際に現在の『怪談師』と似たプロの職業が存在した事を知り、『怪談師』復興活動を続けてきた。

それからはや9年、2011年のみ心霊体験の映像を放送したが、順調に『怪談グランプリ』はコンテンツとして成長してきた。そして、『怪談グランプリ』に出場し怪談師となった人々が様々な番組で怪談を語り、各地で怪談イベントを立ち上げ、現在の隆盛に繋がったのだ。

この心意気、私も強く共感できますし、

「英語で日本の怖い話を語って、世界中の人をビビらせてやろう」という私の夢も、この本を読んで、おおいに、盛り上がったのでした。

ちなみに、「怪談師」の皆様とは、このようなお店へ行くと実際にお会いできるようです。行ってみたい!↓

https://thriller-tokyo.com

耳なし芳一の話を英語でネイティブにしたら一瞬で物語が終わってしまった話

こんなことがありました。

私「日本には耳なし芳一、という、有名なゴーストストーリーがあるぞ」

ネイティブ英語話者「どんな話なんだい? ぜひ、英語で話してオレを怖がらせてくれよ」

よかろう、とばかりに、怖がらせるための抑揚をつけて、語り始めた私。やってみれば、それなりに相手も引き込まれ始めた模様。
芳一が夜に一人で琵琶の練習をしているところ。
サムライの幽霊がやって来たところ。
「ご主人がお前の琵琶を聞きたいと言っておる。ついて参れ」という、サムライの言葉。

そしてサムライの幽霊が、彼の主人の屋敷まで、芳一の手を強引に引いて連れていくところを、おそろしげに、

The Samurai ghost dragged his hand…

と、語ったところ、

ネイティブ英語話者「なんてこった! そりゃ怖いな!」

私「え?」

ネイティブ英語話者「だって、そのサムライの幽霊は、芳一の手を引きちぎって、引きずって持っていっちゃったんだろ?」

なんのことかわからずに困惑する私。ですがすぐ気づく。ああ、そうか! 私の英語がおかしいんだ。

The Samurai ghost dragged him by his hand.

としないと、手だけを引きずっていっちゃったことになっちゃいますよね。

絶対、相手も、僕の英語の間違いだとわかってて言ってきたよね。いじわる。

というわけで、ノリノリで語り始めた英語版の芳一が、一瞬で終わっちゃった上に、

耳なし芳一じゃなく、腕なし芳一になっちゃった。。。