スターウォーズがシェイクスピアになっちゃった

英語好きで、かつ、映画好きな方には、とてもオススメな本を見つけました。

厳密には、「英語好き」のところは、「英語圏の歴史文化を理解するところが、好き」というべきかもしれません。

英語の映画やドラマを見ても、「何と言っているのだろう」ということに飽き足らず、「どういう文化的な背景で言っているのだろう」のほうまで興味を持ってしまう人向けです。

なんと、映画『スターウォーズ』の内容(セリフやト書き)を、シェイクスピア時代の英語で書いてしまった、という、シャレたお遊び本が登場しました!

すでにエピソード1~7まで刊行済。この調子では、最新作の、エピソード8『最後のジェダイ』も早々に出版されることでしょう。

どんな内容か、というと、「もしも、シェイクスピアが、スターウォーズの脚本を書いたら」というIF本だと思っていただければよいと思います。

スターウォーズ内のセリフを、単純に16世紀の英語で書き顔しただけではなく、舞台効果も、「16世紀の劇場で可能な」仕掛けにすべて直されています。

それゆえ、たとえばデス・スターでの空中戦も、役者が舞台上で「あ、いま、後ろからビームを撃ち込まれたぞ! うわ、俺はやられた! もうダメだ! さらばみんな、あとは任せたぞ!」と、役者がセリフで表現する戦闘シーンに書き換えられているw。

R2D2は、役者が舞台上で、「ああ、私の言葉はみんなにビープ音としてしか聞こえない。もし私の言葉が通じるなら、この孤独な気持ちを伝えられるのに」といちいち独白するキャラ(うざいw)に差し替えられることで、感情表現をしている。

さらには、シェイクスピア時代の演劇のセオリーに忠実に、登場人物たちはいちいち、自分の気持ちや行動をセリフの中に差し込んでくるので、(つまり、ハン・ソロがレイア姫に「I love you」というだけのシーンでも、「俺は今、愛の告白をするべき時なのだ、今いくぞ、さあ、彼女の後ろの壁に手を当てて!」と、いちいち自己説明するw)セリフのテキスト量は膨大になっています。これが、シェイクスピアの見事なパロディになっているだけでなく、「シェイクスピア時代の演劇のありかた」の勉強にもなる、という仕掛け。おしゃれです。

少し、実例をあげてみましょう。僕はスターウォーズの中では、『帝国の逆襲』が一番好きなので、それを例にとりますが、

映画の中で、ダースベイダーが、失敗した部下の喉をフォースで絞め殺すシーン。映画の中ではシンプルに、

You have failed me for the last time!
(俺を失望させるのはこれで最後だな)

と言って、フォースを使い、部下が「ア・・・ア・・・アグググ」と苦しんで倒れるだけの場面なのですが、この「シェイクスピア版」では、こうなります。

Thou hast fail’d me once again,
But nevermore shalt thou have chance to fail.
I bring the Force to bear upon thy throat.
That thou, in thy last breath, shalt know my pow’r.

長いよw!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です