映画『バタリアン』で英語を学ぼう!

モンスターの呼称も、セリフの細かいところも、そもそもタイトルさえも原語無視の名翻訳!海の向こうで「バタリアン」と言っても通じないので気を付けましょう!

英語から日本語への翻訳は、難しいですよね。

わかりきっていることですが。あらためて。

特に、映画の翻訳などは、

・そのまま直訳したら、日本の観客にはうまく伝わらず、ヒットしない
・かといって、原語(英語)からあまりにも飛躍してしまうと、もとの制作者の意図と離れてしまい、それはそれで問題

という二重苦の中でやっているわけで。それゆえに、「名訳」も、やむをえざる「珍訳」もどうしても出てきてしまう世界なのでしょう。

ですが、この『バタリアン』。日本の「映画翻訳の歴史」をめぐる本などというものがもしあったら(ひょっとしたらもうあるのかもしれませんが!)、ぜひ、名事例の一つとして、あげてほしい。それくらいに、すごい翻訳がなされている一作なのです

どこがすごいのか、、、を説明する前に、本作がそもそもどういう内容のホラー映画なのか、あらすじを簡単にご説明しましょう。

アメリカのとある田舎町に、バタリアンと名乗る、恐ろしいゾンビの軍団が襲い掛かる。ハゲでタフなゾンビ『ハーゲンタフ』や、しわくちゃの女ゾンビ『オバンバ』など、どことなく剽軽だが恐ろしいゾンビたちに取り囲まれた町の住民たちは、果たして、無事に逃げ延びることができのか?

まぁ、こんな感じです。さて、上記のあらすじを読んだだけで、いろんな「?」が浮かんだ方もいらっしゃることでしょう。

「ハゲでタフだからハーゲンタフって、なんだか日本語のダジャレっぽくない?」
「オバンバっていうのも、日本語のセンスだけど、英語版ではどう呼ばれているの?」 
「そもそも、ゾンビ軍団の名前がどういう経緯でバタリアンになったの?」

これらの質問については、結論から言うと、「どうやら日本語版製作スタッフが、勝手に決めたらしい!」ということになります。もっとも、「日本の観客に受けるために、勝手な翻訳をガンガンやっちゃうよ」という許可はちゃんと制作側には伝えていたようです。それに対してOKを出した本作の監督はダン・オバノン。スペースバンパイアやスペースインベーダーでトビー・フーパーと組んでいた人ですね。いい人だ!

というわけで、ハーゲンタフやらオバンバやらといった本作のモンスター達、オリジナル版では特に名前はありません。クレジットでいえば、「ゾンビ1」「ゾンビ2」とか書かれている程度の手合い。それが日本語字幕版では、「あいつはハーゲンタフだ!」「あいつはオバンバだ!」と呼ばれていて、その名前が劇場販売パンフレットや下敷の「キャラクター説明」にも載っていたわけです。本作の公開当時は私は小学生でしたが、確かに、ハーゲンタフやらオバンバやらのキャラ紹介が入った下敷きを学校に持ってきている男子がいたなぁ。。。
きわめつけが、タイトルの『バタリアン』。これもまた日本語オリジナルの呼称で、原題は、”The Return of the Living Dead”。ここでReturnが使われているのは、「死者が蘇る」という意味よりも、ジョージ・ロメロの名作ホラー”The Night of the Living Dead”へのオマージュとしての意味が込められています。

「オフィシャルな続編ではないけど、先行の有名ホラーの設定をオマージュとして使っていますよ」ということで、このタイトルを意識すると、たちまち、”The Night of the Living Dead”との比較でみてしまう。そう、本作は、”The Night of the Living Dead”をリスペクトしつつパロディしている、コメディタッチの作品なのです。ところが、日本では “The Night of the Living Dead”といっても、ホラーファン以外にはそんなに有名ではないので、悩んだ挙句に、タイトルを『バタリアン』にした、と。いやしかし、どっから出てきた発想なんでしょうね、、、。

さて本作の面白みは、 ゾンビ映画のひとつには違いないのですが、「コメディタッチ」ということで、ある意味調子に乗って、”The Night of the Living Dead”に登場するゾンビなどとは比較にならないほど凄い能力を、ゾンビに与えてしまっている。荒唐無稽ともいえる圧倒的能力を与えてしまっている。たとえば。モトネタとなっている”The Night of the Living Dead”では、ゾンビを倒すには頭部を破壊すればよいことになっていますが、本作『バタリアン』のゾンビたちは、頭を破壊されても死なないどころか、腕一本、足一本になっても人間に襲い掛かってくるのです。

そんなら燃やしてしまえばと、焼き払ってみたら、その灰が雨と一緒に降ってくると墓場にいた別の死体をよみがえらせちゃう。そんな具合に、まさに無敵状態。ホラー映画史上でも最強に匹敵する設定を与えられたモンスターかもしれません。

恐怖と笑いは表裏一体ということを身をもって証明してくれているような一作が、この作品なのでした。

本作の気になる英語表現

本作は、コメディタッチな作品ということで、セリフの掛け合いで笑わせようという場面が多々あり、英語表現もいろいろ面白可笑しいものばかりなのですが、その分、キャラクターの口も汚いし、だいいち主人公たちが教育程度の悪い「アホ属性」という設定のため、そもそも英文法的にもおかしいセリフが多数。つまり、あまり真似しちゃいけない表現だらけな作品です。

ここは作品における最頻出単語に注目するという意味で、【脳みそ:brain】という英単語に注目してみましょう。

日曜洋画劇場などで本作を初見された方なら印象に残っている通り、バタリアン(と、あえて呼ばせていただきます)の口癖は、「脳みそをよこせー」。英語でも、”brains!”と言いながらしつこく追い掛け回してくるのがバタリアンの特徴です(その執念がとてもしつこいから、面白くかつ怖い、、!)。

ところがオリジナルの英語版を見ていると、このbrainという英単語は他の場面でも積極的に使われています(統計的に見れば、本作品での”brain”という単語の出現頻度は映画史上の中でもかなり高い頻度になるはず!)。たとえば、最初のほう、初めてのゾンビとの遭遇戦で、主人公たちがゾンビを倒す算段を練る際に、このような言い方をしています。ここのダイアローグのポイントは、本作品中に登場する主人公たちも、 “The Night of the Living Dead” を鑑賞したことがあり、ゾンビと戦うにあたって映画を参考にしようとしている、という点です。

In that movie, they destroyed the brain to kill them, right?
(あの映画( “The Night of the Living Dead” )では、ゾンビを殺すには脳みそをぶっ潰してたよな?)
Right.
(ああ、そうだな)
Come here, stand right over here. When it comes out, brain it with the axe.
(よし、お前、こっちへ来て、ここに立っていてくれ。いいか、奴がここを通ったら、お前、斧で奴の脳をぶったたいてくれ)
Jesus!
(ええ?!)

で、斧で頭を切断してみても、胴体が襲ってくるので何の解決にもならない、、、というか、事態はさらに深刻化していくのを受けてのダイアローグが、以下。

I thought you said if we destroyed the brain, it’d die!
(あんた、さっき、脳みそをつぶせば奴は死ぬって、確かに言ったはずだよな!?)
It worked in the movie.
(映画ではそれでうまくいっていたんだけどな、、、)

この、「過去のホラー映画を参考にして戦ってもまったく通用しない」ブラックジョークに加えて、後半になると、このゾンビ達は、brainをつぶされると死ぬどころか、むしろ生者の脳みそを生きたまま食べることに異様な執着を持つ連中であることが判明するという二重のギャグになっているわけですね。

ちなみに、バタリアンの「脳みそよこせー」は、英語では以下のような言い方になっています。

Brains!
More
brains!
A living brain!

三番目のやつは、「生きた脳みそー!」とでも訳すべきでしょうか。この場合だけ複数形ではなく不定冠詞になっているあたり、ゾンビになったとしても、やはりネイティブのイングリッシュスピーカーなのだなぁと、妙なところに感心してしまうのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です