夜中に目が覚めてしまって眠れなくなった?よし、外国語をやろう!

今年は、絶賛、育児パパ中です。

育児を経験した人ならわかるはず。零歳児をかかえていると、夜中に夜泣きで起こされることなど、もはや日常。それでもお父さんには平日には会社勤めがありますので、夜中に起こされてオムツ替えをしようがミルクをあげようが、少しでも睡眠時間を確保するために、また寝なくちゃいけない。

そういうわけなのですが、これも年齢か、どうも最近、夜中に一度起こされると再度寝付くのに時間がかかるようになり。しかも、それが習慣化してきているのか、たまに、子供は平和に寝てくれているのに、勝手に夜中の二時や三時に目が覚めてしまうことがあるようになりました。

そういうときは、最近は、もう、開き直って、

二時に目が覚めたら、二時間くらいは、起き出して、時間を潰して、四時頃にまた寝つく、ということをするようになりました。

二時間くらいの時間つぶし、何をしているかって?

はい、例によって、結局、外国語です!笑

いや、ですがこれが、なかなか効率がいい。夜に三時間くらい寝て、二時間くらい起き出して外国語学習をやって、また三時間くらい寝るわけです。科学的根拠を調べたわけではありませんが、どうも自分としては、このやり方をすると、勉強したことの記憶への定着が、よい。半分寝ぼけながらがんばって読んだこと、翌朝起きてからも、よく、頭に入っているのです。

育児の忙しさから生まれた、私なりの、外国語学習メソッド!

これはしばらく、やみつきになりそうな様子です。

でも、昼間、とても眠くなるので、健康全体にとっていいかとなると、ちょっと不安。長続きはしないメソッドかもしれません。。。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です