耳なし芳一の話を英語でネイティブにしたら一瞬で物語が終わってしまった話

こんなことがありました。

私「日本には耳なし芳一、という、有名なゴーストストーリーがあるぞ」

ネイティブ英語話者「どんな話なんだい? ぜひ、英語で話してオレを怖がらせてくれよ」

よかろう、とばかりに、怖がらせるための抑揚をつけて、語り始めた私。やってみれば、それなりに相手も引き込まれ始めた模様。
芳一が夜に一人で琵琶の練習をしているところ。
サムライの幽霊がやって来たところ。
「ご主人がお前の琵琶を聞きたいと言っておる。ついて参れ」という、サムライの言葉。

そしてサムライの幽霊が、彼の主人の屋敷まで、芳一の手を強引に引いて連れていくところを、おそろしげに、

The Samurai ghost dragged his hand…

と、語ったところ、

ネイティブ英語話者「なんてこった! そりゃ怖いな!」

私「え?」

ネイティブ英語話者「だって、そのサムライの幽霊は、芳一の手を引きちぎって、引きずって持っていっちゃったんだろ?」

なんのことかわからずに困惑する私。ですがすぐ気づく。ああ、そうか! 私の英語がおかしいんだ。

The Samurai ghost dragged him by his hand.

としないと、手だけを引きずっていっちゃったことになっちゃいますよね。

絶対、相手も、僕の英語の間違いだとわかってて言ってきたよね。いじわる。

というわけで、ノリノリで語り始めた英語版の芳一が、一瞬で終わっちゃった上に、

耳なし芳一じゃなく、腕なし芳一になっちゃった。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です