英文を書くとき、どうして僕ら日本人は文章がやけに長くなるのだろうか

英語を継続的に勉強し、ネイティブの方に教えを乞う機会が増えれば増えるほど、厳しい意見や批判を受けることも増えてきます。時には、私一人に対する意見にとどまらない、日本人英語一般に対する率直な意見を突然食らうことも。

実は私、最初はそういう議論をふっかけられることに慣れず、うろたえることもありました。ですが、最近ようやく、英語圏の人は普通の会話の中で(話題提供として)、批判的なことや異論反論的なことを突然ぶつけてくる習慣があるというだけなのだと気づき、慣れました。

で、私がしばしば受ける批判の代表格。

「日本人の書く文章は、冗長で、長い」

ということを、もっとハッキリいう人は、

「ぐにゃぐゃと長たらしい文章で、古い時代の大学教授の文章みたいに傲慢に見える」

これを僕が言われた時はさすがに考え込んでしまいました。まず、純粋に英語スキルの上達ということだけで言えば、ネイティブにそんなイヤミを言われるくらいのレベルに長年かけて到達できたわけなので、喜ぶべきところもあるのですが。でもまあ、グサリとは、きます。

なんでこうなるんだろう?

ひょっとして、僕は母国語である日本語で文章を書いている時も、冗長になっている傾向があるのではないか? そう心配してくると、たしかに、僕の日本語文章自体にもそんな傾向があるような気がしてましたが(!)。

しかし、私にそう言ってくる人達は、「いや、日本人で英語が上手い人の共通の弱点だ」と言うので、何かもっと、根が深い問題がありそうです。

仮説としては、日本語と英語の発想が違いすぎるので、どうしても、英語を使う時の日本人は細かい説明をいちいち入れようとしてしまう(で、ネイティブからすると、「なにをわかりきった前置きをダラダラ話しているんだろう」となってしまう)とか、そういう辺りなのかな、と思っているのですが。

やや衝撃だったのは、上記の「大学教授みたいだ」の批判を受けた後、おおいに反省して、おもいきり文章も短くし、ひとつひとつのセンテンスも短くし、語彙も簡潔にした文章を書いて同じ人に見せたところ、「これでもまだまだダメ」と一蹴されたこと。これはそうとうに根が深い問題になりそうな。

結論として、

純粋な英語の知識の上達と、

コミュニケーションスキルとしての英語の上達は、まったく別、ということ。

そしてどうやら後者は、いろんな人と英語で話して、厳しい意見も多々いただいて、いろいろ痛い目を見ないとなかなか上達しない、気合いと打たれ強さがモノをいう領域なのだな、ということです。

というわけで、私はまた、「大学教授みたいだ」批判をしてきた方に見せる別の文章を書き、何度も推敲しております。今度こそ、「よくなった」と言われますように、、、!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です