トワイライトゾーンで英語を学ぼう!第1回 : FIVE CHARACTERS IN SEARCH OF AN EXIT

エピソードデータ

タイトル:FIVE CHARACTERS IN SEARCH OF AN EXIT
エピソード番号:#79 (第3シーズン)
放送日:December 22, 1961
脚本 : Rod Serling
私のお気に入り度:ベスト1

あらすじ

気絶していた一人の軍人が目を覚ますところから、物語は始まる。
周囲を見渡すと、どうやら彼は、巨大なシリンダー状の円筒型の建物の中に、閉じ込められているようだ。見上げれば、遥か上方では、円筒の建物の天井が大きく開け放たれており、そこから星空が見えている。ここがどこであれ、高い壁を登って頂上にたどり着きさえすれば、外には出られるようだ。だが、そもそも軍人は、なぜ自分がこのような建物に閉じ込められているのか、どこからきたのか、自分が誰なのか、そもそも名前は何なのかすら、思い出すことができない。自分が軍人であるとわかったのも、単に、自分が軍服を着ているから、そうであろうと推測したにすぎない。
建物の中には、他にも四人、同じように閉じ込められている人間がいる。全員が自分の記憶を失っているが、衣装から判断するに、それぞれ、ピエロ、バレリーナ、バグパイプ奏者、そしてもう一人は、いわゆる路上生活者のようだ。
この奇妙な五人組は、ともかく力を合わせて、この奇妙な建物からの脱出を試みる。リーダー格となった「軍人」が最初に壁の頂上に到達する。さて、彼がそこから外側を覗いてみると、なんとその建物の正体は・・・!

評価

TVシリーズ『トワイライトゾーン』全156エピソード中、私が最も愛する一編で、私を『トワイライトゾーン』の熱烈なファンに変えてしまった、不思議な中毒性(!)に溢れた作品です。それにしても、いまだに私も、本作品を人に紹介するときには困ってしまう。だって、これは、ホラーではないし、SFとも言えないし、クライムミステリーでもないし、ファンタジーとも言いがたい。ジャンル分け不能。これこそまさに、『トワイライトゾーン』の味わい!、とでもいうしかない。・・・というか、こんなトンデモ設定とシュールなオチのつけ方、『トワイライトゾーン』以外のTVドラマでは許されない!とも言えますが(笑)。本作品はビンテージもののワインのようなもの。いきなり一回目ではその魅力が味わい尽くせないが、なんとなく心に残る。そして、しだいに、この作品をきっかけに『トワイライトゾーン』というシリーズを愛するようになり、他のエピソードもいろいろ味わっていけば、いずれ本作についても、味わいがわかってくる。そんなちびちびとした楽しみ方をするべき作品でしょう。

作中の気になる英語表現

主人公格である軍人が、中盤(ちょうどコマーシャルに入る直前の折り返し点)で、絶望にかられながら、「ああ、ここがどこか、わかったぞ。ここはきっと、Limboなんだ!」と自暴自棄気味に叫ぶシーンがあります。この、Limboという言葉が、このような現代モノのTVドラマのセリフにひょいと出てきたことには、ちょっと驚きました(西欧のホラーやオカルト映画に詳しすぎる私は、そういうサブカルチャーの目線から、なじみのあった言葉ですが!)。
Limboとは、直訳すれば、「辺獄」。地獄の周辺に位置するものの、地獄そのものではない、いわば東京ディズニーランドに対するイクスピアリのようなところ(!)。これは、特に「善人や偉人ではあるものの、キリスト教徒ではない人たち」が、死後に行きつく場所として考えられた概念です。だとすると日本史上の偉人や、仏教の高僧、古代ギリシャ・ローマの人々なんかは、みんなここにいることになり、「それはそれで秩序もしっかりしてそうだし、むしろ天国よりも楽しそう!」などと私は直感的には思ってしまいました(!)が、上記の軍人のセリフにも表れているように、ここに落ちるということは、「解決のない曖昧な世界に閉じ込められてしまう」わけで、決していいイメージではない。「地獄のような苦痛はないけど、できれば天国に入りたかったのにな。あーあ、こんなことになるなら、生前にキリスト教の洗礼を受けておけばよかったな」とションボリしている人たちがいっぱい溜まっている憂鬱なところ、とでもいいますか。詳しい話を知りたい方は、岩波文庫で出ているダンテの『神曲』の«地獄篇»第四歌のところを立ち読みしてみるとよいかも。辺獄のイメージがつかめると思います。ソクラテスやらアリストテレスやらホメロスやらといった、キリスト以前の時代の偉人達が軒並みここでひっそりと暮らしている、という有様は、現代の目線から言えばなんとも納得のいかない不条理な世界と思えてしまうのですが。ちなみに「神曲は長すぎてキツイ」という方に、もう少し軽く読めるものとしては(ケルト諸語に興味の強い私の好みにはなりますが)、講談社学術文庫から出ている『聖パトリックの煉獄』という中世文学を読むと、西欧中世の人の「死後世界」のイメージが掴みやすいものと思われます。こちらの「煉獄めぐり」も、だいたい、ダンテの『神曲』と同じようなルートを辿るので、神曲に挫折した人にはこちらのほうが読みやすいかも。

ともあれこのlimbo、ネットで用法を探すといろいろ面白い表現に使われていて、”How did you pass the time when you are in limbo situation?”なんていうシャレた言い回しもありました。どうにもならないほど退屈な時間、解決のないまま放置されている辛い期間、などというものを表す比喩で使うとしっくりくる模様。特に面白いのが、「Limboのような結婚生活」(!)という表現がネットで見つかりまして、天国でもないが、かといって離婚という地獄にも行きつかず、ダラダラと永久的に続いていく、それはそれで辛い生活、というニュアンスがうまく出されています。これは面白い。でも僕らノンネイティブがlimboなどという言葉を日常生活で使うシチュエーションはあんまりないかも。もしあなたが、シリンダー状の巨大な円筒の建物に、記憶も奪われた状態で閉じ込められた時には、その時には、ぜひ、使ってみてください!

「トワイライトゾーンで英語を学ぼう!」トップへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です