もう少しGoogle Trendsで遊んでみる

昨日の記事では後半にStarWarsの話に脱線してしまったわけだけれども、
実は、あの後ももう少し、Google Trendsで遊んでいた。
StarWarsの中の、僕のお気に入りキャラ、アクバー提督の検索数が
もう少し、上がる瞬間がないか、しつこく、やってみていた。

GoogleTrendsでの遊び方の紹介もかねて、やったことのキャプチャを残しておく。

【1】Google Trendsに入る
【2】地域を「日本」に設定する
【3】検索キーワードに、自分の興味のあるキーワードを入れてみる。今回はスターウォーズのキャラクター名を入れていく
【4】[+比較]を押すと、最大で5つまでのキーワードを比較できる。というわけで、スターウォーズのキャラクターを5名、並べてみる
※ 目的は、アクバー提督というニッチなキャラクターが、どこまで「ルーク」とか「ハン・ソロ」とかいったメジャーどころの名前に、検索トレンドで対抗できているかの調査となる。

青がルーク、赤がハン・ソロ、黄色がレイア姫、緑がカイロ・レン。そして紫色が、ターゲットの、アクバー提督である。
適当に並べた5名だが、すでに提督の完敗は明白。
『最後のジェダイ』に登場していないハン・ソロと、やっと互角である。
アクバー提督、『最後のジェダイ』にちゃんと登場したにも関わらず、、、。

それにしても、ふと気が付いた。
劇場公開中よりも、最近の、2018年4月に、カイロ・レンが爆発しているのは何だろう??

これは、色々調べてみて、なんとなく、わかってきた。
この時期にモンストとスターウォーズのコラボ企画があったらしい。
その流れの中で、「カイロ・レンって誰?」と検索した
「モンストは知っているがスターウォーズは知らない」層の動きがあったのではないかな、と推測する。

ためしに、黄色を差し替えて「ダース・ベイダー」にしてみたら、こちらも4月に大爆発。
悪役二人が、日本においては、むしろ2018年4月に検索を集めていたようだ。やはりモンストの影響が強いのかな。
それも、ダース・ベイダーの黄色いグラフが、カイロ・レンの緑色のグラフを完全に飲み込む勢いだ。
ダース・ベイダーというキャラは、世代を超えて人気が強いね、、、。

ただ、これだと、アクバー提督の紫色のグラフが、ますます、壊滅的である。
さすがに、『最後のジェダイ』に登場していないニッチなキャラを並べたら、
少しは健闘できるかと、やってみる。

ランド、ジャバ、ボバフェットと、
ここまでニッチなキャラを集めて、ようやく、強くなった。。。
さすがにこの5キャラの中では、アクバー提督は健闘して、ハン・ソロと互角である。
最近になってハン・ソロの検索トレンドがハネ上がってきているのは、外伝が公開予定だからでしょう。

ちなみに、地域をアメリカ合衆国に変えて、
最初のキャプチャと同じ五名を入れてみる。
ルークは青、ハン・ソロが赤、カイロ・レンが黄色でレイア姫が緑(日本での調査の時と、色の順番を間違えちゃった、、)、そしてアクバー提督が紫である。
今度は、当然、モンストの影響はないので、
『最後のジェダイ』劇場公開中の、純粋なトレンドランキング勝負となった。
面白いのは、カイロ・レンが普通に強くて、レイア姫が日本に比べて弱くなっちゃったこと。
ただしこれは、レイア姫にはPrincess LeiaとかLeia Organaとか、書き方が複数あるので、
表記ゆれの影響かもしれない。

それでは、スペイン語圏では、キャラのランキングはどうなるか、とか、
インドやエジプトでは好みに違いが出てくるか、とか、いろいろやってみたいことも思いつくが、
ますます、しょうもない遊びになってきたので、今夜はこの辺りにしておこう、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です