MATH CURSE というタイトルの数学絵本を娘に読み聞かせてみた

ある一人の女の子が、ある月曜日に、
数学の先生に、「日常には数学が溢れているのよ」と言われたのを、
真に受けたせいなのか、なんなのか。

火曜日から、世界が違って見える。

昨日までは当たり前にできていたはずのことが、とても不思議なことに、見える。

たとえば「8時にスクールバスが迎えに来る前に、着替えて歯磨きをして着替えをする」ことが、
とても複雑な工程を組み立てているように思える。

「24個のおみやげのケーキを、
24人のクラスで分けようとしていたら、
先生も食べたいと言い出した」ということが、
世界を終わらせるほどの怪事件に見える。

とか、とか、とか。

とてもスナオな子供の目線が、日常生活の中の「摩訶不思議な数学」に気づいていく、
そんな経験を、お洒落なアートワークで魅せてくれる、
アメリカから取り寄せた洋書絵本。

面白がるかと思って、
二歳児の娘に読み聞かせてみたところ、
「宇宙人のところが怖い」と言い出した。

本書の途中に、「二進法でしかモノを数えられない宇宙人」やら
「三進法でしかモノを数えられない宇宙人」が出てくるところがあるのだが、
そのページのビジュアルが、怖い、というのだ。

それでいて、僕がお風呂から上がってくると、
娘が一人で、当の、その、宇宙人のページを神妙な顔をして読んでいる。

怖いもの見たさ、というやつなのか。
あるいは、「二進法しか知らない宇宙人」というものに、
子供なりに何か魅力を感じたということなのか。

こうしたアート絵本を通じて、心に何か、ひっかかった一ページの絵の印象が、
この娘が大きくなって数字やコンピュータを扱うようになったときに再燃して、
数学の世界へのよき導き手となってくれればよいのだけれど。などと、ふと、思う。

それにしても、、、

二進法を説明するのに、「手に指が一本ずつしかない宇宙人」を登場させて、
ビジュアル的に右脳から理解させようというのは、良い手かもしれない。

僕も将来、娘がもっと大きくなって、「ニシンホウってなあに?」と聞いてきたら、
「手に指が一本ずつしかない宇宙人」の物語を作って、教えてあげようか、などと、ふと、思う。

それを聞いて、概念を理解してくれれば、理系への道が開かれるし、
「その宇宙人の日常生活はどんなふうなのだろう?」と余計な空想を膨らませるなら、文系への道だ。

どちらに、行ってくれても、よい。
開かれた道を、興味を持って、進んでくれるならば!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です