歴史小説『坂の上の雲』の英語版(Clouds Above The Hill)を読もう!

司馬遼太郎氏の名作歴史小説、『坂の上の雲』。

日清日露戦争を背景に、明治時代の群像を描いた大河小説で、司馬氏の作品の中でも人気が高く、かくいう私も、十代の時からの、年季の入った本作の大ファンです。

驚くべきことに、この作品が、アメリカで英訳され、出版されました!(全四巻)

「これはもう、しっかり英訳版を読み込んで、この外国語学習法をめぐるブログの好題材として取り上げていきたい!」と意気込んで購入。

オリジナル日本語版との違いを、「あの名場面は、英語版ではどう訳されているか!」の観点から、少しずつ読み解いて、こちらにアップしていきます。

▼記事一覧1(文春文庫版第一巻の範囲「春や昔」~「軍艦」)▼

章題記事
春や昔 『坂の上の雲』の有名な書き出し「まことに小さな国が開花期を迎えようとしている」はどう英訳されたか?
春や昔 『坂の上の雲』の書き出し分析続き:「松山出身の三人の主人公のひとり(正岡子規)」はどう英訳紹介されたか?
春や昔 『坂の上の雲』の書き出し分析続き:「松山出身の三人の主人公のひとり(秋山好古)」はどう英訳紹介されたか?
春や昔 『坂の上の雲』の書き出し分析続き:漢文での試験はどのように英訳されたか?
真之『坂の上の雲』の書き出し分析続き:「松山出身の三人の主人公のひとり(秋山真之)」はどう英訳紹介されたか?
真之英語版『坂の上の雲』の書き出し分析続き:「日露戦争というひやりとするほどの奇蹟の演出者たち」部分について
騎兵英語版『坂の上の雲』の「騎兵(cavalry)」の章から、「重騎兵」「軽騎兵」「竜騎兵」の違いを学ぶ
七変人英語版『坂の上の雲』の「七変人」の章からeccentricの用法を学ぶ
海軍兵学校英語版『坂の上の雲』の「海軍兵学校」の章から、明治初期の英語エリート教育の様子を見る
英語版『坂の上の雲』から、明治陸軍とフランス・ドイツとの関係を覗き見る
英語版『坂の上の雲』から、「日本騎兵の父」秋山好古のフランス留学の日々を読む
フランス留学時代の秋山好古の目を通して「世界史上の四人の天才騎兵使い」のことを英語で学ぶ
秋山好古と山県有朋の会話場面から明治軍人の「意見具申」の在り方を英語で学ぶ
ほととぎす英語版『坂の上の雲』の「ほととぎす」の章から、正岡子規発病のくだりを英文で読む
軍艦『軍艦』の章の秋山真之のセリフを座右にTOEICのスコアを直前で押し上げた話
軍艦トルコ=親日説の背景となったエルトゥルール号事件に『坂の上の雲』主人公達はどう関わっていたか
日清戦争「戦争がはじまろうとしている。いわゆる日清戦争である」は、どう英訳されたか?
日清戦争「明治日本とは漫画(カートゥーン)である!?」日清戦争前後の情勢を語る司馬遼太郎氏の筆は、どう英訳されたか?