海外ドラマ『トワイライトゾーン(ミステリーゾーン)』で英語を学ぼう!

『トワイライトゾーン』(The Twilight Zone)とは?

1959年から1964年まで放送された、アメリカの人気テレビドラマです。

その圧倒的な人気は、アメリカテレビ史上の「伝説」と言ってもよいレベル。かのスティーヴン・スピルバーグスティーヴン・キングが「トワイライトゾーンの影響を受けている」と公言していたり、アメリカのディスニーワールドにはトワイライトゾーンのアトラクションがあったりと、いまだにアメリカのポップカルチャーの重大なアイコンであり続けています。日本でも60年代に『ミステリーゾーン』というタイトルで吹き替え版が放映され、多数のSFファンを夢中にさせました。

どんなドラマだったのか?

説明するには都合がいいことに、現代の日本に、このドラマに影響を受けた有名なテレビシリーズがあります。『世にも奇妙な物語』です。『世にも奇妙な物語』と同じように、『トワイライトゾーン』の物語は、毎回、一話完結の独立したエピソードとなっていて、時代設定も舞台も主演俳優も、毎週変わります(それゆえ、60年代の懐かしいアメリカのスター俳優が入れ替わり登場するのを楽しむ、という鑑賞の仕方もできます!)。また、『世にも奇妙な物語』では、タモリさんが毎回、案内役として登場していましたが、こちらの『トワイライトゾーン』では、制作者(かつ大半のエピソードの脚本担当)のロッド・サーリング氏が案内役として毎回登場する、という趣向になっていました。

このロッド・サーリングという人物こそ、『トワイライトゾーン』の生みの親であると同時に、アメリカのテレビドラマ史を彩る異才であり、「クリエイターでありつつ、自分もテレビでしょっちゅう顔出しをする有名芸能人」であり、とにかくスター中心だったアメリカのドラマ界において、演出家や脚本家の地位を向上させるために戦った人物なのです。現代日本でいえば三谷幸喜さんのように、「脚本がロッド・サーリングさんのドラマなら見てみよう!」という気持ちに視聴者をさせた、当時の売れっ子ライターでした。

彼がその作家性すべてを注ぎ込んだといっていい『トワイライトゾーン』は、「怖い話」「ぶきみな話」「ブラックなオチのつくSF」がメインとなりつつ、時には心温まるファンタジーや、ユーモアあふれるコメディも混じっており、まさに脚本家の力量一発で人を惹きつけるおもちゃ箱のような、作家魂溢れるテレビシリーズとなっているのです。

このブログで取り上げる理由

本ブログはそもそもは外国語学習に関するブログのつもりで始めたのですが(笑)、なぜトワイライトゾーンを材料にしたか、と言いますと、

まず何よりも、管理者である私自身が『トワイライトゾーン』の積年の大ファンであり、数年前に思い切って、全156エピソードが入ったDVDボックスセット(英語版)を購入してしまった、という経緯があります。せっかく156エピソード分もの海外ドラマをコレクションしてしまったのだから、いっそ、これを英語の練習に使ってやろう、と思い立ち。

各エピソードをひとつひとつ英語で鑑賞した上で、聞き取りにくいセリフは後で辞書を調べたり、ネットで脚本を探したり、どうしても意味が掴めない部分はネイティブの方に質問したり。このDVDBOXをしゃぶりつくすように味わった、長年せっかくの(地味な!)努力の蓄積を交えつつ、私の大好きなドラマを、この場で紹介し、日本にも少しでもファンを増やしたいな、と思っている次第です。毎回、何かしらの「使える英語ネタ」を各エピソードから拾って紹介していきますが、英語の学習に興味がない方にも、「『トワイライトゾーン』のオススメエピソードの紹介ページ」としても読んでもらえるよう、構成しております。

では早速、始めましょう!

エピソードリスト(管理者のおすすめ度順)

おすすめランキングエピソードタイトル日本放映時(ミステリーゾーン)の邦題学べる英語表現
1FIVE CHARACTERS IN SEARCH OF AN EXIT奇妙な奈落単語”limbo”(特に記憶をなくしたままナゾめいた施設に閉じ込められた時の戸惑いを表す際のための)
2IT’S A GOOD LIFEこどもの世界天気表現(特に超能力少年から身を守るための)
3TO SERVE MAN人類に供すタイトルに入っている”SERVE”という基本動詞を巧み使った言葉遊びオチ
4WILL THE REAL MARTIAN PLEASE STAND UP?
火星人は誰だ?慣用表現としての”a needle in a haystack” 
5THE HITCH HIKER
ヒッチハイカー幽霊話に便利な、「”Vague”で”formless”な恐怖」について
6AND WHEN THE SKY WAS OPENED
誰かが何処かで間違えたナレーションにちりばめられた、「何かしらの人外の存在」をほのめかす伏線の貼り方について
7THE AFTER HOURS
マネキンデパートでの買い物会話、そしてthimbleという単語の聞き取りについて
8NICK OF TIME
素晴らしき未来アメリカの硬貨の呼び名について。および、おみくじの結果の英語表現について
9THE DUMMY生きている人形“doll””puppet””dummy”の使い分けについて。及び、Jホラーを彷彿とさせるカメラワークについて
10THE EYE OF THE BEHOLDER
みにくい顔英語の格言、”Beauty is in the eye of the beholder”
11LIVING DOLL
殺してごめんなさい“I will kill you!”と”I’m going to kill you!”の意味の違いについて
12LITTLE GIRL LOST
消えた少女「物理学者」「超心理学者」「霊媒師」etc
13NIGHTMARE AT 20,000 FEET
二万フィートの戦慄現代に生きる妖精Gremlinについて
14THE INVADERS
遠来の客countryやout-of-wayやisolated…怖い話の舞台設定にぴったりな英語表現を探して
15MIRROR IMAGE
めぐりあい何か変なものが見えてしまって困っている時の相談の言葉、”I’ve been seeing things.”
16TIME ENOUGH AT LAST廃墟「本の虫」を表す、いろんな表現
20NIGHT CALL真夜中に呼ぶ声夜中にブキミな無言電話がかかってきたら、こう言い返してやりましょう。ただし相手がゴーストの場合があるので注意
22THE HOWLING MAN嵐の夜satan、devil、diabolus、「悪魔」を表現にするにもいろいろある、の話
30A QUALITY OF MERCY日本軍の洞窟シェイクスピアの『ヴェニスの商人』からの引用について

番外編:『トワイライトゾーン/超次元の体験』(劇場版)